甥っ子と姪っ子と、ばあちゃんの用事

あれは一ヶ月以上前の頃、母宛に一通の手紙が届いた。
内容は父方の親戚とおばあちゃんが遊びに来なさいと、妹家族と母への航空チケットが入っていた。

その話を聞いて、甥っ子と姪っ子は大喜び。
小さいうちに自然に触れるのが一番、たくさん遊んでおいで。

私は誘われても行かない、その辺りは分かってらっしゃる。

追伸に、今度その親戚の叔父さんとおばあちゃんが、故郷に墓参りに行くからチケットを手配しろと?
私は便利屋か?私は暇だからか?パンダのマグカップも持ってないし、役職にも就いていない。

半ば切れそうになりながら、確認の電話…
「思いついたから、それじゃよろしく」

人間、思いついたからって血が繋がっている人間を巻き込む癖は、もういい加減にしてください。
いくら温厚な私でも、抜刀令出しちゃうよ。切り捨て御免!
FC2 Management

お仕事リンク紹介

連日ココナラからの依頼(依頼設定数オーバーにより、停止中。ありがたいことです)に真摯に原稿と向き合っている日々、お盆休みって何?(その前にお前のお盆は[以下省略])

室内熱中症で内科の先生に「点滴打っとく?」と言われ続けていた去年より、はるかに天国です。

そんなわけで、今回ご依頼がありましたお仕事一挙紹介!

『八幡市の接骨院 腰痛解消口コミNo.1の「たけのわたる整骨院」』
http://ameblo.jp/takenowataru/

こちらは京都で整骨院を営んでいる方のブログです。
お題は肩こりについて…センモンチシキ、ナイ。

そんな時に役立つ、トホホな実話体験を書き下ろしいたしました。
どんなトホホ体験かは見てからのお楽しみ。

『本当は誰でもできるギャンブル依存症克服方法 』
http://complete-life.sakura.ne.jp/wp/

精神科看護師歴17年の方が、今年5月に立ち上げたブログです。
ちなみにこちらは残念ながら筆者がフラッシュバックによりキャンセル(ごく稀にあります)ということで、詳細レビューです。

名前のとおりギャンブル依存症のリスク、本人は気がつかなくても積もり積もって借金が膨れ上がり、ついには闇金に手を出して親や親戚に迷惑をかけてしまう…。

ギャンブルって、自己破産しようと思っても出来ないんですよ。
ギャンブルで抱えた負債は自分で返すようにという法律があるそうなので「借金あるけど自己破産すりゃ…」なんて考えは甘い、ちゃんと働いて返しましょう。

逆に離婚時に理不尽な負債を押し付けられた、失踪して借金が残ったなら別。
今すぐググッてお近くの弁護士会へ予約しましょう、きっと力になってくれるはず。

依存症というものは「自分だけならいいだろう」と思っても、後々払うツケは高く、友人どころか親やその親戚までの人間関係もくずれ何もかも破綻してしまう。本当に恐ろしいものです。

こんな風に『お仕事引き受けました』的な報告と、あとはたまたまこれを見て、困っている方の役に立てればと思って書いています。

今後もこういうスタンスで、仕事もブログと連動してやっていきたいと思いますので、改めてココナラもよろしくお願いします。

【無料枠あり】ブログ執筆、代行します!(800字以内)【お早めに!】

そうだ、ねぷたを観に行こう(3)

ついに東京から弘前へ立つ日、少しは青森は涼しいだろうと期待していた…
私の考えは甘かったです、弘前も三十度ありました。

ねぷた、見る前に体調管理に二日空けて正解でした。
の疲れと暑さでぐったりして、何とかねぷた祭り当日。

近くのコンビニで、凍ってるペットボトルを買ってもらって、首にひんやりバンダナ装着。いざ観戦!

そうだ、ねぷたを観に行こう(2)

東京の桜の時期が過ぎた五月、母にそろそろ青森の実家に連絡を入れなさいと、電話番号を渡された。

「ねぷたを観にいくんでしょ?挨拶ぐらいしなさい」
前もっておじいちゃんと叔父さんに挨拶をして、この時期からねぷたの観覧チケットを手配して欲しいと頼むようにというのだ。
…そんなに取れないのか?

おじいちゃんに電話をした後、叔父さんに電話をして直接チケットを手配して欲しいと頼むと、
「分かった、何とか確保するよ」
何とかって?

どうやら役所勤めの叔父でさえも入手は難しいようです(ちなみに叔父は真面目な公務員です)。

そうだ、ねぷたを観に行こう(1)

一昨年の冬、一本の電話がかかって来た。
内容は「夏のイベント、申し込み忘れた」との事。

あら、丸々夏の予定がぽっかり開いたじゃない。
電話の相手を怒るでもなく、嘆く事も無く、頭に浮かんだのはおじいちゃんの顔。

「だったら、おじいちゃん家へ遊びに…ねぷたでも観るか。この年になって初めてだし」
急遽決まったこの予定、東京の桜も咲いていないのに…

私の旅は、日頃の体調管理からすでに始まっているんだ。
もう、行くと決まった時点で旅支度なんだ。

原稿執筆、受け付けます!

横に突然現れたメールフォームにお気づきの方が…たぶんいないと思うので、ここで。

原稿執筆、受け付けます!

それと同時に、ココナラでも

ブログ執筆、代行します!(800字以内)

募集かけました!無料枠設けましたのでこの機会にぜひ!!

鎮守の森

母の実家滞在日、最後だというのにわがままを言って近くの神社へ連れて行ってくれた。

おじいちゃんに「近くの神社ってどこ?」と聞いたら八幡神社だという、が、しかしスマホで調べたら沢山あってどこがそこがわからない。
どうやら、母やおじいちゃんに仕事帰りに様子を見に来ているお兄ちゃんも場所は知っているけど、

「行っても何もないぞ」
「昔はお祭りがあったけどね」
「車に乗ったらすぐだよ」

三者三様…お兄ちゃん、私免許すら持ってないよ(田舎では車が足代わり。就職のため、高校卒業する前に免許の教習所に行ける地域もあるらしい)

そんな事があって、朝の散歩がてらに八幡神社に行く事になった。

アイコン変えました、に関するもろもろの話(画像つき)

前々から「アイコンを自画像にしないんですか?」とか「顔出ししないんですか?」とか言われてきましたが、諸々の事情で出来なかった柚月珠李です。

その件に関してはそれ以上は追及しない、その前におねぇさんから発するを空気をちゃんと読もうね!

…さて、そんな私だったのですが、いよいよ絵師さんに依頼して自画像を描いてもらいました!
写真は友人に頼んで撮ってもらって、絵はサイト「ココナラ」でsuisei さんに依頼いたしました、結構気に入っています。

これでも、コンサートや(当たり前だ!)特にイベントでは、ほぼ柚月本人が売り子しています。
というか、売り子が大好きでブースに一日中います。

この楽しさで、エッセィ一本書けるぐらい。
人間観察が楽しくてね、密かな楽しみ。

だけど本人とは名乗らない、聞かれても「ごめんなさい、本人あいさつ回りでまだ帰ってこなくて…」
いや、シャイなんです、名乗れません、本当にすいません、こっぱずかしくて…

今後も懲りずに売り子をしていますが、一言声をかけてくださるとありがたいです。
おそらくドラマ『相棒』のストラップが黄色いIDカードぶら下げて応対していますので、めちゃくちゃ緊張して応対いたします。

人見知り激しいほうなんです、それでもよろしければ、はい。
そんなわけで、スマホや携帯の方へ。

syuri-icon_20140717160156d63.jpg

自分で言うのもなんですが、結構似ています。